• TOP
  • 正看護師 資格取得
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    正看護師 資格取得
    正看護師になる為の道ですけど、以外にそのルートは豊富なのをご存知でしょうか??びっくりするかもしれ
    ないですけど、中卒でもその道を目指す事が出来るのです。

    仮に、中卒の人の場合は、
    ①准看護師学校で2年間学んで准看護師になって3年以上働いて、看護専修学校で2年学ぶ
    ②准看護師学校で2年間学んで准看護師になって10年以上働いてから、通信性教育を2年受ける
    ③高等学校衛生看護科で3年間学んで、卒業後に准看護師資格を取り、その後「専攻科」で2年学ぶ
    ④5年一貫制の看護学校で学ぶ
    どうですか??中卒でも4つのルートを確保する事が出来ます。特にお勧めなのが、5年一貫制の看護学校で
    学ぶ事かもしれないですね。これであれば、20歳には、正看護師として勤務できる可能性があるという事が
    言えると思います。

    ちなみに、高卒になると、
    ①看護専門学校で、3年学ぶ
    ②看護大学で、4年学ぶ
    ③看護短期大学で3年学ぶ
    が一般的なルートです。看護大学を卒業しておくと、専門看護師、認定看護師への道も容易に拓けてきます
    けど、私立の看護大学の場合は、学費がかなり高額になってしまいますので、そこだけは注意しないといけ
    ません。親御さんに相当負担を掛ける事になりますので。

    ちなみに、看護専門学校の場合は、実習が多い傾向があるのだそうです。なので、実際の看護の場でも、
    即戦力となりうるのだそうです。看護大学は、それまでに取得済みの単位については免除されることもあるので、場合によっては勉強が楽になるかもしれません。また、看護短期大学は看護大学よりも短い期間で正看護師国家試験受験資格が得られるのがメリットかもしれないですね。

     

    正看護師になる為のルートとして、看護専門学校があります。実は、このルート、以外に人気なのです。
    看護大学と比較すると、入学するのが容易であるというイメージがあるのもあるかもしれないですね。
    また、正看護師になるルートとして看護専門学校を選ぶ最大のメリットは、即戦力になりやすいことだと
    思いますよ。

    というのも、看護技術などの実習が充実していますからなんです。医学に関しては、いくら知識だけをつめ
    こんでも、それを実践できないと意味がありません。正看護師というのは「現場でどれだけ働けるか」が大切になってくると思うのでという考えだったので、このメリットは本当に大きいなと思ってるんですよ。

    そうはいっても、デメリットもあります。それは大学編入などのさらなる進学という点では、あまり道が
    開かれてない事がありますね。卒業後、正看護師になるという強い意志がある人なら問題ないですが、もっ
    と勉強したいと思っている人には、この点が不向きかもしれないですね。競争倍率はもちろん学校によって
    違いますが、だいたい平均すると3~4倍くらいだと思います。実は、結構な高倍率だと思います。人気のある学校だと本当に倍率も厳しいので、勉強は以外にしっかりしておかないといけません。

    看護大学や看護短期大学の場合は、一般入試だけではなく推薦入試にも力を入れていますが、特に看護短期
    大学は推薦が多いですから、それを狙ってみるのもいいかと思います。看護専門学校の場合は一般入試のほうが中心になっているって感じですね。

     

    正看護師の資格を取って、日本で正看護師として働いてきた人の中で、海外でもこの経験を生かしたくなって来る人もたくさんいると思います。「海外で看護の仕事がしたい」そんな人が増えてくるといいます。そこで
    重要になってくるのが、「日本の正看護師資格は海外でも通用するかどうか」ってことですよね。
    結論からいうと「日本の正看護師資格は、あくまで日本国内でのみ通用する資格」ってことになります。

    それでは、日本の正看護師資格って、海外じゃまるで役に立たないのかと思うかもしれません。ですが、そうではありません。例えば、イギリスの場合は、日本の看護師資格を持っている人が登録さえすればイギリス国内でも看護師として働けます。ただし誰でもすぐ登録できるわけではなくて、英語力を証明するための英語検定の受検などが必要なんです。まぁそれは当然です。イギリスで英語ができなければ話になりませんからね。
    いくら医学的知識があるにしても、言葉が通じないようでは意味がないですからね。

    その他、国によって扱いは違いますが、日本で正看護師の資格をきちんと持っている人が海外で看護師を
    目指すのと、日本で何の資格も持ってない人が海外で看護師を目指すのとでは、多くの国で「日本の正看護師の資格がある人のほうが圧倒的に有利」という結果になります。だから、諦める事はないのです。正看護師の
    資格を取得しているというだけで、海外で勤務できるという夢を叶える事はぜんぜん可能になってくるの
    ですよね。

    あと、日本の医療機関から「海外に派遣」という形であれば日本の正看護師資格でもOKなんだそうです。例を
    あげるとするならば、海外で大災害などが起きた場合に派遣される「国際緊急援助隊医療チーム」などがそうなります。こうした形で海外で活躍したい場合は、事前に国際緊急援助隊の医療スタッフとしての登録をしておけばOK。必要に応じて、出動要請がかかります。

     

    病院で働いている看護師には、(正)看護師と(准)看護師の2種類があるのをご存知ですか??そんな事、病院
    に勤めている患者は分からないですけどね。実際、准看護師と正看護師は、仕事内容としては実質的にほぼ変わりません。ですが、求人の多さや給料面などの待遇で大きな差があるのです。

    その為、看護師を目指している人は、基本的に正看護師を目指すと思いますね。同じような仕事をしている
    のであるならば、待遇がいいほうを選択するのが人というものです。将来的にも有利ですからね。そんな背景があるので、准看護師の資格を持っている人が、その後正看護師の資格を目指すケースも少なくないのだそう
    ですよ。しかし、准看護師の資格を持っているだけでは、正看護師国家試験の受験資格は得られないんですよね。では、准看護師が正看護師になるためには、どういう条件をクリアすればいいのでしょう。

    まず、昔から定番だったコースとしては、「准看護師として3年以上働いた経験のある人が、看護専修学校で2年間看護について学ぶ」というものでした。この方式を使用すると、それなりに若い年齢で取得する事が出来
    るといえます。ですけど、看護専修学校に通っている2年間は、准看護師としても勤務できないという欠点が
    ありました。そこで、2004年以降は「准看護師として10年以上働いた経験のある人が、通信制の教育を2年以上学ぶ」という形でも、正看護師国家試験の受験資格を得られるようになりました。ただ、この場合は、最短で
    も12年掛かってしまうというデメリットがありますけどね。そうなると、途中で結婚、妊娠、出産などが原因
    で、退職してしまうケースもありえますので、もう少し掛かるかもしれないですね。

    准看護師の資格は正看護師に比べて早く取得することが出来るのですけど、その後に正看護師になろうと思うと、ずいぶん遠回りをしてしまう、という結果にはなります。その為、看護の仕事につこうと思っている人は、最初から正看護師を目指したほうがいいんじゃないかな、と思いますよ。

     

    看護の学校についていろいろ調べていると、そのうち「通信制」という言葉を目にすることになると思います。で、この通信制という言葉だけを見ると、通信制でも正看護師の資格がとれるんだと勘違いしてしまう人
    がいると思います。ですが、解釈は大きな間違いなんですよ。

    どういう事なのかというと、通信教育で正看護師の国家試験受験資格を得られるのは、すでに准看護師の資格を持っていて、しかも10年以上のキャリアがある人のみなんです。というわけで、准看護師の資格を全く得て
    いない人が通信教育「だけ」で正看護師の資格をとろうとしても、それは無理って事なんですね。当然です
    けど、准看護師になるのも通信教育ではだめです。看護師になりたい人というのは、学生ばかりではなくて
    以外に社会人の人も多いと聞きますので、ちゃんと勉強している人に対しては通信教育で資格をとらせてくれたっていいじゃないと思う人もいると思いますが、ちょっとそれは無理な要望なんです。

    というのも、正看護師の資格というのは、単に知識だけがあればいいわけではないですよね。なんといっても
    現場での実習が大事になってきます。自分が患者さんの立場になった時のことを考えてみて下さい。看護学だけはカンペキにマスターしているけど、技術面の経験はゼロで、注射ひとつ実際には扱ったことがない正看護師なんてのがいたら、あなたは安心してその人からの看護を受けられますかって話です。まず無理ですよね。
    それであれば、資格はないけど、数万件の注射の経験があって、一回のミスもないですのほうが余程信用でき
    ると思います。

    看護関連の資格を取得する為には、どこかで必ず実習をまじえた教育を受けなければいけないというのは鉄則になっていて、これは、患者さんの安全を守るためでもあると思うのでしょうがのないことなのだと思います
    よ。

     

    ここ数年、非常に増えてきているのが男性の看護師です。この数は、これからも増えていく可能性があり
    ます。という事は、男性の看護師という職業には、多くの将来性が見込まれているということになります
    よね。

    最初は、女性ばかりの職場に男性が入って言ったという事もあって、なかなか病棟で働いている人も、患者
    さんにとっても、どう接したらいいのか分からないということなこともあったかもしれませんが、最近では
    そんな事はないですよね。患者の立場としても、看護師が女性である必要性って正直ありません。よい医療
    を提供してくれるのであれば、性別なんて関係ないですもんね。

    雇用する側としても、男性の看護師は、女性の看護師のように妊娠や出産で、長期に休暇を取るという事は
    ありえません。がなので、比較的、安定して仕事ができるというメリットがあると思います。 結婚している
    とするならば、一家の大黒柱として、簡単に転職なんてしないでしょうしね。その点からみても、男性の看護師が優れている点は多いのです。そういう男性看護師のメリットを各医療機関は気づき始めているのだと思い
    ますね。

    また、看護の現場って以外に体力がいるケースも多いのです。これまではそのあらゆる体力仕事を、女性の
    看護師がしていましたが、今後はどうしても、体力を使う仕事は、男性のほうが有利になります。ですから、男性の看護師は、これから、さらに必要になってくるはずですよ。

     

    正看護師と准看護師というのは、実は大きな違いがあります。非常に大きな差といえば正看護師が国家
    資格なのに対して、准看護師が都道府県管轄の資格であるという事があります。一般的には、この資格の差
    のためということもあって、正看護師よりも、ややお給料や年収が高いという現状があります。

    そして、例えば准看護師として病院などで仕事をし始めるとします。そうすると周りの人々や、上司など
    からは、必ずと言っていいほど「看護師の資格を取れば??」と言われると思います。正直、自分で選択
    して准看護師という資格を選択した人は、何でこんな事を言われないといけないのかと感じるかもしれない
    ですけど、実際の職場では、看護師も准看護師も、それほど仕事内容が変わらないと思うことも多くあると
    思います。同じような仕事をしているのに、待遇に差があるというのは納得がいかない事もあるかもしれ
    ないですので。

    ただ、取得している資格が違うというだけで、そこまで変わってくるのも理解できないですもんね。もし准看護師として仕事をしていて、この先もずっと、看護師の仕事を続けたいと思いならば、ぜひ、正看護師の資格を取得することをお勧めします。その方が自分の理想としている仕事が出来るような環境になると思います
    けどね。仕事をしながらの勉強は、非常に大変だとは思いますが、それでも、2年ほど頑張って勉強すれば、
    将来もずいぶん違ってくると思います。

     

    ここ最近、現在一般の社会人から正看護師を目指す人が増えて来ているといいます。長年あこがれていた
    職業に挑戦してみようという事なのでしょう。ですが、社会人からの正看護師資格取得のルートは、いったん会社をやめて看護専門学校や看護大学、看護短期大学などに進学し、そこで所定の期間学んで国家試験の受験資格を得る、というのが一般的になります。ですが、それにしても数年間は正看護師としては働く事は出来
    ませんよね??かなりの期間、無収入という事になります。無収入で看護を学ぶのは金銭的にどうしてもきついので、どうしても働きながら正看護師資格を得たいという人もいると思います。まぁ、学生として働いてい
    るうちは、アルバイトをするなんてこともありかもしれないですけど、働きながら正看護師になるルートの
    一つとして、看護助手の求人をしている病院などを見つけるという事があります。

    その病院で看護助手として働いて収入を得ながら、准看護師学校に通い、まずは准看護師の取得を目指すというわけですね。この場合、准看護師学校の学費も病院がもってくれることも多いのだそうですよ。その分、そ
    の病院で一定期間働くという約束を取り付ける必要があるケースがほとんどですけどね。とはいえですね、
    准看護師→正看護師への道を歩んでいく中で、最低3年間は准看護師として働く事になりますので、一気に
    就職先まで確保する事が出来るわけですから。准看護師免許取得後は、さらに正看護師へのステップアップを目指して勉強と仕事の両立を続けるという形になります。

    こうした看護の勉強と仕事の両立をしながら、正看護師の道を目指すのは、お金の面での心配が減る、医療
    の現場で働きながら勉強することによって内容が身につきやすいなどのメリットはありますけど、限られた時間の中で勉強と仕事をこなすため、かなりの覚悟がないと続けられないませんので。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと