• TOP
  • 正看護師 資格取得
  • 待遇に大きな違いがあります
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    正看護師 資格取得

    待遇に大きな違いがあります

    病院で働いている看護師には、(正)看護師と(准)看護師の2種類があるのをご存知ですか??そんな事、病院
    に勤めている患者は分からないですけどね。実際、准看護師と正看護師は、仕事内容としては実質的にほぼ変わりません。ですが、求人の多さや給料面などの待遇で大きな差があるのです。

    その為、看護師を目指している人は、基本的に正看護師を目指すと思いますね。同じような仕事をしている
    のであるならば、待遇がいいほうを選択するのが人というものです。将来的にも有利ですからね。そんな背景があるので、准看護師の資格を持っている人が、その後正看護師の資格を目指すケースも少なくないのだそう
    ですよ。しかし、准看護師の資格を持っているだけでは、正看護師国家試験の受験資格は得られないんですよね。では、准看護師が正看護師になるためには、どういう条件をクリアすればいいのでしょう。

    まず、昔から定番だったコースとしては、「准看護師として3年以上働いた経験のある人が、看護専修学校で2年間看護について学ぶ」というものでした。この方式を使用すると、それなりに若い年齢で取得する事が出来
    るといえます。ですけど、看護専修学校に通っている2年間は、准看護師としても勤務できないという欠点が
    ありました。そこで、2004年以降は「准看護師として10年以上働いた経験のある人が、通信制の教育を2年以上学ぶ」という形でも、正看護師国家試験の受験資格を得られるようになりました。ただ、この場合は、最短で
    も12年掛かってしまうというデメリットがありますけどね。そうなると、途中で結婚、妊娠、出産などが原因
    で、退職してしまうケースもありえますので、もう少し掛かるかもしれないですね。

    准看護師の資格は正看護師に比べて早く取得することが出来るのですけど、その後に正看護師になろうと思うと、ずいぶん遠回りをしてしまう、という結果にはなります。その為、看護の仕事につこうと思っている人は、最初から正看護師を目指したほうがいいんじゃないかな、と思いますよ。
    ディップはたらこねっと