• TOP
  • 正看護師とは
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    正看護師とは
    正看護師とは、いわゆる看護師の事なんですけど、なんで「正」看護師とついているのか大事ですね。
    なんで「正」という漢字がついているのかいうと、看護師関連の資格には「看護師」と「准看護師」とが
    あるからなんです。准看護師との区別をつけやすくするために、看護師を「正」看護師と呼ぶ事が一般化
    されているわけです。

    かつては、女性の看護師は「看護婦」、男性の看護師は「看護士」と呼ばれてたそうなんですけそ、2002年
    の3月に名称変更されましした。今では男女どちらも「看護師」という名に統一されているわけです。正看護
    師とは具体的に何かというと、
    ①医師が患者さんを診療する際の補助
    ②病気の人や、障害を持つ人たちに対する日常生活の援助
    ③病気の予防や健康づくりのための教育
    などを行います。意外かもしれないですけど、「予防」的なことも行うのですよ。治療がメインである
    事には変わりはないですけど。

    ちなみに、(正)看護師試験というのは、国家資格になります。以外にハードルが高い試験になるわけです。
    また、国家資格というわけで、一生使う事の出来る資格になります。実際、看護師は、売り手市場なんです
    よ。いくら日本が不景気になっても、看護師さんは、意外と簡単に転職する事が出来るのです。そんな背景
    があるからなのか、とても離職率が高いのだそうです。仕事がとてもハードであるだけではなく、いつでも
    転職できるという考えもあるからではないでしょうか。

     

    実際、現役の正看護師であっても、これまで勤めていた医療機関や病院を退職して、新しい勤務先に移った
    場合には、どのような役割をこなす事になるのか、どんな仕事をする事になるんかっていう風に不安に感じる
    昼もいると思います。新しい勤務先で過ごすことになるのか、非常に不安になるものです。当然、新卒の人に
    なるとなおさらかも知れないですね。

    ましてや、最近増えている、異業種から看護師試験を受けて合格し、初めて医療機関や病院で仕事をすると
    いう場合は、余計どんな勤務になるのかなかなか想像が出来ない事もあるかと思います。そこで、あくまで
    も参考程度に、日勤の1日の流れを紹介しておこうと思います。

    たいていの場合は、日勤=8時からの勤務になりますので、病院に到着しておくべき時間は、7時40分頃にな
    ります。その後、8時15分頃から、朝礼があると思います。この朝礼では、大抵の場合、患者さんの人数や、
    重症患者さんを中心にした、看護内容などの重要事項の申し送りを聞くことになります。この申し送りが
    ないと、昨日の夜に起きた事などが把握できないので、しっかりと聞く必要があります。また、細かな業務
    調整なども、この朝礼から始まります。朝礼が終わると、待ち受け患者さんの情報収集や一日の業務計画などを立てます。この時点で、その日一日の、自分の仕事を把握する事が出来ると思います。

    そしてその後、患者さんの都合も考慮しながら、一日の仕事の計画を立てていきます。そして、9時30分には、患者さんの検温を開始すると思いますよ。点滴や抗がん剤投与などの準備も、これくらいの時間に済ませるようにします。11時頃には。患者さんの体をふくという仕事があります。患者さんの症状や状態に合わせて、アロマオイルなどを使用することもあるそうです。午後は、配薬をします。その後、医師や専門看護師、認定看護師などと一緒に、カンファレンスを行います。そして、手術や検査の手伝いなどをこなして、午後の仕事が終了するわけですね。

     

    一般的に、女性の勤続年数というのは男性よりも短いはずです。中には、30年以上と非常に長く仕事を続け
    る方もいますけど、結婚を機に退職してしまう人もいますからね。極端な話をすると、、結婚するまでの社会経験と考えて就職する人もいるかもしれません。ただ、一般事務職の場合は、長年勤務する人は一般的に少なくいようなな気がしますけどね。それに比べて、看護師という職業は、資格保持者ということもありますし、伝統的に、女性の多い職場ですので、比較的長期間勤務する人が多い職場だといえると思います。とはいえ
    激務が続く事は間違いなく、短い期間でやめる人も結構いるのだそうです。

    そこで、看護師の平均勤続年数ですが7年のようですね。前職種の平均勤続年数が9年みたいですので、それよりも2年短いというデータになっています。やはり、かなり短いといってもいいかもしれませんよね。大学を
    卒業してから勤務したとしても、30歳手前で退職しているわけですので。平均勤続年数が、他の職業よりも短い理由としては、過酷な業務と勤務体制はもちろんなんですけど、それに見合った報酬が得られていないなど
    があげられます。

    看護師の不足は、かなり前から言われてきている話題ではあります。今でも依然、看護師不足は続いているそうです。世の中不景気ですので、より安定した職業である看護師は人気が出てくると思うのですけど、違うの
    ですよね。とはいえ、看護師の求人は比較的件数が多いのも現実なんです。裏を返すと、それだけ離職する
    人が多いと言えると思います。

    ただし、看護師という職業を続けながらも、他の医療機関や病院などで、さらに条件のいい勤務先である
    とか、年齢に合わせて仕事のしやすい勤務先を探していくという転職の仕方をする人も多いのだと思います。だからこそ、勤続年数が短いのかもしれません。最近では、看護師不足がいわれていますので、どの病院や医療機関でも、少しづつ、看護師が仕事をしやすい職場作りに努力を払っているところも増えてきています。

     

    人によって、なにをきっかけに正看護師になろうと思ったのかは違うと思います。ですが、一番最初に
    看護師になろうと思ったきっかけというのは、仕事を続けていく上で、とても大事なものになると思い
    ますので。それだけ、正看護師の仕事を続ける事というのは、大変なのだと思います。ただ、正看護師を
    目指して勉強をしていた時の事を思い出すのも大事ですね。その時に、自分は、どのような正看護師に
    なりたいと考えていたでしょうか。将来、どのような仕事の仕方をしたいと考えていたですかね??

    また、今の仕事をしている職場は、その当時、自分が思い描いていた職場とどれくらい合致していますかね。もちろん、正看護師の夢を思い描いていて、様々な希望を思い描いていた時と比べたときに、夢が100%叶っ
    ている人って、ほとんどいないといってもいいのではないかと思いますから。現実というのは、それほど簡単ではなく、常に、何らかの不満や悩みがあるものです。それが、仕事をするということでもありますから。

    仮に、今の自分の仕事や職場にあまりにも満足していないというのであれば、自分のキャリアアップのために、転職を考えるというのも、一つの方法になるかと思いいます。一つの職場にこだわって、長年勤務することが、必ずしも自分のキャリアにつながるとは限りませんので、もし、今仕事をしている医療機関や病院では、自分の将来は見込めないと思ったら、キャリアアップ転職という方法もあるということを、頭に置いておきましょう。看護師のキャリアアップというと、現在よりも大きな病院に転院するか、専門看護師として、特別な知識や技術を身につけるというのも、看護師のキャリアアップになるかと思います。

    ただ、認定看護師になるには、実務経験が5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)が必要になります
    ので、しばらくは辛抱が必要になるかと思います。。

     

    正看護師の勤務先は、最近では、必ずしも医療機関や病院に限ったものではなくなってきています。企業内
    出の看護師などもありますし、非常に職場の幅も広くなっているといわれています。とはいえ、正看護師さ
    んの多くは、やはり、医療機関や病院で勤務するケースがほとんどなのが実情です。

    病院や医療機関は、当然ですが入院している病人やけが人が治療のための生活をする場でもあります。また、外来の患者にとっては、なにか急な体調の変化などがあった時に、いつでも対応してくれるというのが病院や、医師、看護師の仕事でもあります。なので、病院は基本的に、24時間体制で稼動していないといけないと
    なりますよね。

    24時間体制といっても、もちろん、その医療機関や病院に勤めている人々は、常に仕事をしているわけではありません。とくに、看護師の場合は、完全に日勤と夜勤のシフト制で勤務が組まれていて、そのシフトの中で、休日が決まってくるという形になっています。もちろん休日は割り振られます。日数も一般の企業と大差は
    ないかもしれません。ただし、一般の企業などのように、土日や祝日が必ずしも休みになるということは、なかなかない職業である事は覚悟しておかないといけません。看護師になるということは、そのような職業である事はみなさん理解しているとは思いますけど、仮に、どうしても土日に休みがほしいという場合は、土日休みが可能な病院や医療機関を探すなど、転職活動の段階で、勤務先を選ぶ条件に中に含めて探すのがいいと
    思いますけどね。

    特に、大規模~中規模の医療機関や病院の場合は、ほとんどがシフト制の勤務体制をとっています。なおか
    つ、シフトにも二交代制や三交代制のシフトがありますので、注意が必要です。実は、三交代制のシフトよりも、二交代制のシフトのほうが休日をしっかりとることが出来ると言われています。というのも、三交代制の場合は、1回の勤務が8時間程度の短いので、短い勤務を何度もこなすことになるため、休日をしっかりと
    取れるようなシフトを組むことが難しくなっているからなのだそうです。

     

    正看護師のイメージというと、日勤だけではなく、夜勤でもバリバリと仕事をしているというイメージ
    があると思います。ですが、それだけではないんですよ。実は、正看護師にはパートやアルバイトだっ
    てあるんです。そりゃ、正直な事をいうと、バリバリ働きたいという人が多いと思います。そのほうが
    経済的にも楽ですし、看護師の仕事はとてもやりがいのある仕事ですので。

    ですが、家庭の事情などで、フルタイムの看護職はとても無理、という人も、パートやアルバイトという
    形で頑張っている人が多いのです。正看護師のパート・アルバイトの最大の魅力は、なんといっても普通
    のパートやアルバイトに比べて、時給が高い事だと思います。特に、「夜勤専任」の場合には1日の給料が
    30000円を超えるなんていう事も常識です。これくらいの料金であれば、週2回くらいの勤務でかなりの金額を
    手に入れることが出来るわけです。

    また、正看護師のパート・アルバイトは、一日あたりの勤務時間を短くするというケースが多いですが、それ
    以外にも土日のみ集中的に働くというスタイルをとる人もいます。これが、現場では重宝されているのです。
    というのも、土日はフルタイムで勤務している正看護師としても、できれば休みたいのが人情ですから、家族
    なんかがいる人にとっては、唯一家族サービスが出来る日でもありますので。この土日に入ってくれるパートさんの存在はとってもありがたいのです。実際、そういう働き方ができるパートやアルバイトを集中的に募集している病院もあるみたいですしね。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと