• TOP
  • 正看護師とは
  • 勤続年数
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    正看護師とは

    勤続年数

    一般的に、女性の勤続年数というのは男性よりも短いはずです。中には、30年以上と非常に長く仕事を続け
    る方もいますけど、結婚を機に退職してしまう人もいますからね。極端な話をすると、、結婚するまでの社会経験と考えて就職する人もいるかもしれません。ただ、一般事務職の場合は、長年勤務する人は一般的に少なくいようなな気がしますけどね。それに比べて、看護師という職業は、資格保持者ということもありますし、伝統的に、女性の多い職場ですので、比較的長期間勤務する人が多い職場だといえると思います。とはいえ
    激務が続く事は間違いなく、短い期間でやめる人も結構いるのだそうです。

    そこで、看護師の平均勤続年数ですが7年のようですね。前職種の平均勤続年数が9年みたいですので、それよりも2年短いというデータになっています。やはり、かなり短いといってもいいかもしれませんよね。大学を
    卒業してから勤務したとしても、30歳手前で退職しているわけですので。平均勤続年数が、他の職業よりも短い理由としては、過酷な業務と勤務体制はもちろんなんですけど、それに見合った報酬が得られていないなど
    があげられます。

    看護師の不足は、かなり前から言われてきている話題ではあります。今でも依然、看護師不足は続いているそうです。世の中不景気ですので、より安定した職業である看護師は人気が出てくると思うのですけど、違うの
    ですよね。とはいえ、看護師の求人は比較的件数が多いのも現実なんです。裏を返すと、それだけ離職する
    人が多いと言えると思います。

    ただし、看護師という職業を続けながらも、他の医療機関や病院などで、さらに条件のいい勤務先である
    とか、年齢に合わせて仕事のしやすい勤務先を探していくという転職の仕方をする人も多いのだと思います。だからこそ、勤続年数が短いのかもしれません。最近では、看護師不足がいわれていますので、どの病院や医療機関でも、少しづつ、看護師が仕事をしやすい職場作りに努力を払っているところも増えてきています。
    ディップはたらこねっと