• TOP
  • 正看護師 准看護師 違い
  • 患者から見ると同じです
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    正看護師 准看護師 違い

    患者から見ると同じです

    資格などの面で区切りをつける為に、「正看護師」と「准看護師」と別れています。ちなみに、資格という
    点では、看護師=(正)看護師の事を指すんですが、患者さんの視点から見ると、看護師は正看護師だけではないんですよね。准看護師も、患者さんから見れば同じ看護師という感じです。

    でも、患者さんから見れば同じ看護師に思えても、正看護師と准看護師にはれっきとした違いがある事に違いはありません。そもそも准看護師というのは、その名前のとおり「看護師に準じる」という意味合いがあります。英語でいえばアシスタンス・ナースという感じで、立場的には、准看護師は正看護師を補佐する立場、
    というわけなんです。

    また、正看護師と准看護師の違いは、その立場の差だけではありません。准看護師は、資格取得のために
    必要な期間が正看護師よりも短いので「取りやすい資格」という側面があります。また、免許交付をするところが違うというのも特徴ですね。正看護師は国家資格なので、免許を国からもらうんですが、准看護師の免許は都道府県知事からもらうのだそうですよ。

    そもそも、看護資格の中に、正看護師と准看護師の2つがあるのかというと、准看護師の資格ができたのは
    戦後間もない頃なんだそうです。その頃はとてつもない看護師不足だったようで、早く看護の仕事ができる
    人材を育てなきゃいけないという事で、資格取得までの期間が短い准看護師制度が出来たようなんです。です
    が、現代は戦後ではないので、これからは准看護師を育成する必要はないのかもしれないですね。とはいえ、
    現在相当数の准看護師の有資格者がいる事も事実なので、簡単に、准看護師の制度を廃止する事は出来ない
    とは思いますね。
    ディップはたらこねっと