• TOP
  • 正看護師 准看護師 違い
  • 資格の取得方法も違います
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    正看護師 准看護師 違い

    資格の取得方法も違います

    看護師と准看護師の場合は、資格の取得方法も違ってきています。看護師についてですが、まず、高校を卒業して看護師養成施設に3~4年通い、その後に看護師国家試験を受験。合格すれば看護師として働くことが出来るようになります。この看護師養成施設には、大学、短期大学、専門学校があり、当然なんですけど、それぞれ難易度が違います。当たり前ですけど、一番難易度が高いのが大学という事になります。看護系の大学に進学する場合、国立の入学試験は多数科目をクリアしなければいけなくなるので、そういう意味で難易度が高いのです。とはいえ、医学系の学部とは思えないほど学費が安いのも特徴ですね。他の学部とは違って、入学し
    てからめちゃくちゃ勉強する事になるので、アルバイトはあまり出来ない事を考えると国公立大学のほうが
    いいと思います。

    私立大学ならば、試験教科などに国立とは違う部分がありますから、まだ難易度が下がる可能性があります。ただし、これは大学以外が簡単だという意味ではありません。短大でも国・数・英・理の全て、もしくはここから3教科の場合が多く、試験難易度も様々でしょう。また、学費も半端ないケースがありますので注意が
    必要にはなってきます。とはいえ、看護師になろうとする人の場合は専門学校を選択する人が最も多いみたいですよ。

    これに対して、准看護師の場合は、中学卒業後でも准看護師養成施設へ2~4年通い准看護師になります。看護師と比較すると、簡単に資格を取得できるという側面があります。なにせ、中学卒業でも資格を取得する事が
    出来るわけですからね。また、准看護師→正看護師という道もあります。その為には、准看護師として3年以上勤務して、そして、そこから看護師養成施設へ行き、その後は通常の看護師ルートと同じで受験をし、国家試験に合格すれば看護師になれるのです。

    ただし、准看護師は、看護師養成制度と統合する検討をされているのだそうです。情報には気を配った方がいいでしょう。ちなみに、看護師国家試験の合格率は90%とも言われます。養成学校でちゃんと勉強すれば通る可能性が高いということです。これは、医療系の資格全般にいえるのですけどね。超が付くほどの難関手術であるイメージの強い医師国家免許にしても、7割近い合格率をいうのを聞いたことがありますので。

    ディップはたらこねっと