• TOP
  • 正看護師 転職
  • 就職・転職支援サービスランキング

     

     

    正看護師 転職
    いかに正看護師が転職しやすいとしても、年齢の事を気にする人はたくさんいると思います。実際、年齢
    制限を設けている医療機関、企業などもありますので。年齢制限というと、年配の人というイメージがあり
    ますけど、それだけではないのです。最近では、企業内看護師というのも増えてきていて、そうなるとマネ
    ジメント的な仕事も求められるケースも多いです。その為、、若い人でもNGな場合があるのです。

    あくまでも一般的な事ですが、年齢が35歳を超えると再就職がどうしても難しくなりがちです。ですが、
    これは一般的な仕事の場合ですね。正看護師の世界はそこまで顕著ではないようなのです。とはいえ、
    夜勤を含む勤務が出来るかどうかという体力的な面、人間関係が難しい仕事なので、周りの環境に馴染める
    かどうかという点が、重要視されます。となると、ある程度経験を積んでいないと出来ません。仕事を効率的
    にこなせないと肉体的にもきついですし、人との係わり合いはそれこそ、「大人」であることが求められ
    ますからね。

    つまり、経験が豊富なだけに落ち着いた対応ができたり、いろいろな面での細かな配慮が行き届くなんていう
    メリットもあるわけですね。それに、看護師の世界は、全国的に人手不足です。年齢的にハンデがあっても、うまく転職活動すればスムーズに次の職場が決まると思います。看護師の仕事というのは、人を相手にする職業ですから、一般的な職業よりもキャリアを求められる事が多いので、年齢はあまり気にする事はないと
    思います。

     

    医療関係の数ある科目の中で、小児科が不人気といわれています。ですけど、なぜ小児科が不人気なので
    しょうかね??正直わかりません。正看護師の仕事といえば、世間的には、激務である事が主な理由となっ
    ていますけど、小児科の場合、患者がお子さんなんですけどね。それほど、重篤な人がいないような気もする
    のですけど。個人的には、内科、外科や脳神経外科など、もっと激務と言われる科はいくらでもあるはずです
    し、そちらのほうが人気がなくてもいいと思うのですが。

    それに、最近は、少子化が叫ばれているはずですので、患者数も少ないはずですよね。そういう観点からいうと、受け持ち患者が少なく、小児科はむしろ楽な方に入るかもしれないのです。で、給料が同じ。人気が出る
    ような気がするのですが。

    実は、若い人の小児科離れが進んでいるのだそうです。これには、間違いなく、別の理由があると思います。
    あくまでも個人的には、、「あまりに、専門技術がない」事が原因かもです。小児科って、特に専門技術のない小児科がないのですよね。その為、診療自体をつまらないと感じてしまう人が多いのかもしれないです。。

    せっかく、看護系の学校に通って、国家資格を合格してまで資格を手にしたのに、あまり手ごたえのない科目
    にいるのが、納得できないのかもしれないですね。だからこそ、若い看護師には人気がないのでしょう。こ
    れが、結婚して家庭を持つようになると、自分の時間が欲しいという事になって、小児科を好む人も増えてくる可能性もありますし。

     

    正看護師の人は、つねに転職が頭をよぎるような仕事だと思います。そんな中、ここ最近注目をあびつつ
    あるのが、有料の老人ホームなんです。というのも、看護師の求人が増えてきているからですね。

    昔は、有料老人ホームなんでほとんどなかったですし、あったとしても、一部の富裕層のみが入居するような
    ものが多かったと思います。ですが、最近では、結構増えてきていますよね。施設の充実振りも半端ないです
    よ。まるでホテルのような施設もあります。入居費用が高額である事が認めますけど、資産を売却までして
    終の棲家を求める人が増えてきているのだそうです。日本は、今後高齢化社会になって行きますので、有料の老人ホームの数は、さらに増えていくことと思い
    ます。

    だからこそ、正看護師の求人も増えてきているのですね。問題点があるとするならば、一般的な病棟などに勤務してきた人にとっては、業務内容が大きく変わってしまう事かもしれないですね。患者さんは、全員老人
    ですし、介護の仕事になれていないと、肉体的にも厳しいと感じるケースもあると思いますよ。介護が必要な
    老人を担ぎ上げる作業って、以外に大変なんです。そういう意味もあって、男性の看護師が活躍出来るのが
    介護系の正看護師でもあります。

    正看護師の中でも、「世の中の役に立ちたい」って考えているいる人にとっては理想的な職場の一つと言えるのではないでしょうかね。医療行為そのものについても、高レベルなものではないにしてもです。

     

    正看護師というのは、世間と比較すると圧倒的に退職する人が多いです。でも、正看護師というのは勤務が
    過酷な事は知られていますし、一般的な仕事と比較すると、給与も条件がいいのです。では、どうして退職
    する人が多いのかという事になりますよね。

    答えは、非常にシンプルです。「人間関係」なんです。もともと、職場で働いていく上で、一番きつい状態
    なんですよね。人間関係がうまくいかない事は。

    正看護師の仕事というのは、どうしても女性が多いです。そうなると、女性特有の同性間での好き嫌い、
    ねたみ、嫌がらせなどがとっても多いのです。どろどろとした女性特有の世界ですね。最近になって、男性
    が正看護師として働くケースも増えています。それで問題が解決する事もありますけど、却って、関係を
    悪くするファクターになる事もありえます。女性同士間での嫉妬と比べて、そこに男性が入ると、さらに
    おかしな人間関係になる可能性もあります。

    それに加えて、医師のなかに、高圧的な医師が多いですから。同僚、上司、他部門全てにおいて、うまく
    コミニュケーションがうまく出来ないとなると、仕事に行くのが嫌になってくるのもうなづけます。
    高圧的という事で、セクハラの悩みを抱えている看護婦さんも多いはずです。セクハラまできてしまうと、
    犯罪の色合いも濃くなってきますし、自身も精神的に悩んでしまう事が多くなってきます。自分の精神が壊れてしまう前に、退職する事もありかもしれないですね。

     

    正看護師として勤務していて、転職を計画している人に限らず、その会社、医療機関などの離職率というのは
    気になりますよね。どれくらいだと思いますか??「離職率」とは、その職やその職場を離れる人の割合の事になります。要するに、離職率が高いとなると、その働く現場は何かしらの問題を抱えてしまうという事が言え
    るト思います。

    実は、看護師の離職率は「15%前後」と言われています。ありえないですね。あくまでも個人的な見解と
    しては、異常な数値と言えるような気がしています。そんな職場は、人の入れ替わりが慌しくてしょうが
    ないですから。引継ぎ作業が常に発生しているような感じです。安定している会社では、離職率は5%切る
    ケースがほとんどです。それにしても、なんでここまで離職率が高いのでしょうね。原因として、
    ①環境が悪い
    ②人間関係がぎくしゃくしている
    なんてのもあります。仕事を長続きしたくてもできないわけなんです。病院特有の事情があって、ここまで
    の離職率の高さになっているのだと思います。女性の場合は、これに加えて、妊娠、出産による退職もある
    かと思います。こればっかりはしょうがないですからね。

    また、看護師を辞めたいと考えている人が40%を超えるなんていうデータもあるそうです。とはいえ、看護師
    の資格はあまりにつぶしが利くので、また、医療業界に戻ってきてしまう人もたくさんいるのだそうです。
    それだけ、自分の事を高く評価してくれる業界が他にないのかもしれないですね。

     

    Page top

    ディップはたらこねっと